以下のコンテンツではJavaScriptを使用しています。JavaScript実行可能なブラウザでご覧下さい。
4年間やってきたこと | 相模原市議会議員 五十嵐千代(いがらしちよ) オフィシャルサイト

児童支援専任教諭の配置

児童が抱えるいじめや不登校などの問題に対応するために、クラスをもたない「児童支援専任教諭」を配置することを提案しました。
市では、この制度を14年度から開始し、19年度までに全校配置を目指しています。
いじめ、不登校、発達障害や学校生活上の課題がある児童に対して、きめ細かな支援を行っています。

すくすく保育アテンダントの配置

すくすく保育アテンダントの配置
ママ友みたいに気軽に、丁寧に相談に乗ってくれる相談員がしたら、子どもと家庭の状況に合った保育サービスを選べるのに。
そんな思いから、保育専門相談員の設置を提案しました。
すくすく保育アテンダントは各区のこども家庭相談課で、保護者の相談に応じ、様々な保育サービスについて情報を提供しています。

ユニバーサルデザイン基本指針
(策定中)

年齢、性別、国籍、障がいの有無などにかかわらず、誰もが気持ちよく暮らすためのユニバーサルデザインをまちづくりの中心に据えて欲しい。
そのために、まずは基本指針の策定から。

民間活力を導入した
児童発達支援センターの整備

児童発達支援センターは、障害保健福祉圏域に1、2か所設置されることとなっており、日々の通所機能のほか、障害児相談支援や保育所等訪問支援などを行う地域支援を行う重要な拠点施設です。
幼児期に適切な療育を受けることは、子どもたちが将来自立した生活を送るための大きな一歩になります。
子育て環境の整備にはスピードが大切です。
公立施設ではさまざまな制約があり、その整備に時間がかかることから、民間の力を生かした早急な対応を提案。
南区に児童発達支援センターバンビが開設しました。
リンク:児童発達支援センター バンビ(南区)陽光園(中央区)
女性起業家支援の推進

女性起業家支援の推進

女性ならではの感性を生かすことで、ビジネスの視点が多様化し、従来なかった財やサービスを市場に提供できる経済活性化の原動力として、女性起業家への期待が高まっています。
このため、女性の起業に資する政策的な支援は、これからの重要な課題です。
一方で、女性起業家は、男性に比べて資金調達が困難であり、知識、ノウハウの習得や人的ネットワークを形成する機会が少ないと、経済産業省の女性起業家実態調査で報告をされています。
今後、より多くの女性起業家を輩出するためには、女性に限定した起業セミナーや助成金制度の創設などが有効であり、また、起業後の継続的なサポートが重要です。

オープンデータライブラリー開設

行政が保有するデータを、誰もが2次利用可能な形式で公開するオープンデータは、ビジネス活用、地域活性化、課題解決等への期待が高まっています。
今後は、オープンデータの具体的な活用の促進が重要です。
リンク:相模原市オープンデータライブラリー
要保護児童の教育・学習環境の向上

要保護児童の教育・学習環境の向上

児童相談所に一時保護される理由の多くは児童虐待です。
不適切な養育環境で生活してきた児童の教育、学習の機会の確保は、成長、発達過程において非常に重要です。
相模原市では、市の一時保護施設だけではなく一時保護委託先においても、学習指導担当職員を配置して、個別指導を行っています。

銀河の森プレイパークの継続

遊びは、子どもにとって生きることそのものです。
「銀河の森プレイパーク」は「自分の責任で自由に遊ぶ」冒険遊び場です。そこは地面に穴を掘ったり、木に登ったり、落ち葉や泥んこや自然の素材を使って遊びを自分で考えるクリエイティブな場所です。
様々なイベントがあり、親子でも楽しめます。
現在、相模原市中央区弥栄の「キャンプ淵野辺留保地」で開園していますが、こうした場所が市内にもっと増やしたいと思います。
リンク:銀河の森プレイパーク

ハザードマップの
ユニバーサルデザイン化

色の見え方が一般と異なる(先天的な色覚障がい、白内障、緑内障など) 人にも情報がきちんと伝わるよう、色使いに配慮したデザイン(カラーユニバーサルデザイン)にハザードマップの改善。
また、公共施設の案内などカラーを含めたユニバーサルデザインに統一することを提案しています。

その他の取組み

その他の取り組み
教育の質の向上、いじめ防止対策、高齢者虐待防止、障がい者虐待防止、児童虐待防止、認知症対策(情報共有の方法等)、認定保育室の利用促進、給食費の公会計化、ユニバーサルデザイン公園、公会計制度改革、公共施設マネジメント、フューチャーセンター、LGBT(性的マイノリティ)の正しい理解と支援、などなど。
4年間の議会でほぼ毎回質問に立ち、提案が実現されたもの、されなかったものがあります。
実現されなかったものはこれからも取り組んでいきます。
実現されたものも、引き続きより良い形を目指していきます。